公演情報 | かりゆし芸能公演

劇団群星

2019.06.16(日)

劇団群星

移動かりゆし芸能公演 沖縄芝居

公演名:「沖縄芝居でうとぅいむちさびら」 劇団群星×伊是名島の夢の競演‼ 現代歌劇「首里上り小」、伊是名島の方々も共演する寸劇「馬山川」。尚円太鼓や民謡ショーなど、地元の方々との共演によるバラエティに富んだ演目でお送りします。

NPO法人尋藝能塾

2019.7.12(金)

NPO法人尋藝能塾

国立劇場おきなわ公演 組踊

公演名:「賢母三遷之巻」 子どもを育てるにはいい環境に住むことが大切であると、引っ越しを繰り返した母と子の物語です。中国の孟子の「孟母三遷」がもととなっています。

NPO法人 尋藝能塾

2019.8.31(土)

NPO法人 尋藝能塾

子ども×伝統芸能公演 組踊

「二童敵討」いざ討たん、父の仇。命をかけた兄弟の舞。

玉城流玉扇会新里直子琉舞道場

2019.09.08(日)

玉城流玉扇会新里直子琉舞道場

子ども×伝統芸能公演 琉球舞踊

第1部「およげ!たいやきくん」第2部「ルン♪ルン♪バルーン♪琉球舞踊」 ▽チラシ裏面はこちら

阿波連本流啓扇会

2019.09.13(金)

阿波連本流啓扇会

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

公演名:~華やぐ~ 二代目家元門下ベテランの先輩方と若手の演者のコラボレーションと、創作舞踊三題を存分にお楽しみいただけます。

玉城流翔節会

2019.09.20(金)

玉城流翔節会

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

公演名:肝合わち踊ら テーマをコンビ舞踊・打ち組舞踊とし、隊形・構成を変えることにより従来と違った美しさを楽しめるように心がけました。 ▽チラシ裏面はこちら

劇団花道

2019.09.27(金)

劇団花道

国立劇場おきなわ公演 沖縄芝居

公演名: あむとぅぬしちゃ(姥捨て山)輝け老人パワー 老若男女、一致団結すればどんなに苦難の状況であっても希望の光を見いだせる。蟻虫の類さえ日々あがない生きている、老人には老人の意地がある、と立ち上がる。

琉球舞踊太圭流華の会

2019.10.11(金)

琉球舞踊太圭流華の会

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

公演名:華々の色彩 太圭流家元 佐藤太圭子が受け継いだ伊良波尹吉の創作作品を中心に、琉球舞踊の多彩な魅力をお届けします。 裏面はコチラ▽

玉城流金城清一組踊会

2019.10.18(金)

玉城流金城清一組踊会

国立劇場おきなわ公演 組踊

公演名:第16回定期公演 組踊「護佐丸敵討」 組踊「護佐丸敵討」は、あまおへ(阿麻和利)が登場し見せる「七目付」という荒々しく豪快な所作、仇討ちに向かう二童と母の別れの場面の音曲、二童の軽快な踊りなど、見所・聴き所の連続です。

琉球古典音楽野村流保存会 中部南支部

2019.11.01(金)

琉球古典音楽野村流保存会 中部南支部

国立劇場おきなわ公演 三線等音楽

公演名:若者の芽(いぶき) 琉球古典音楽を保存継承する野村流保存会若手会員を中心とした舞台です。今後ますます世界に広がっていく琉球芸能。その将来を担う若者たちの芽(いぶき)が感じられる舞台です。 国立劇場おきなわ公演 チラシ裏面はこちら▽

あしび芸能座

2019.11.10(日)

あしび芸能座

子ども×伝統芸能公演 沖縄芝居

あしび芸能座 伊良部公演   伊良部島では上演機会の少ない琉球舞踊や沖縄芝居をたっぷり楽しんでいただきます。また、子ども達が獅子舞の継承に取り組んでいる姿をご覧ください。

眞境名由康組踊会

2019.11.15(金)

眞境名由康組踊会

国立劇場おきなわ公演 組踊

公演名: 組踊の創造と継承~「女物狂」と「人盗人」~ 今年は「組踊」上演300年。「楽聖」玉城朝薫作の「女物狂」に「琉球芸能中興の祖」、眞境名由康が音楽や踊りを加えた創作組踊が「人盗人」です。初の比較上演です! チラシ裏面はこちら▽

美ら百合グループ

2019.11.22(金)

美ら百合グループ

移動かりゆし芸能公演 八重山舞踊

「結風の舞」~やふぁやふぁとぅ八重山、宮古ぬ風にのせ~第一部 ~弥勒世果報~(二ロースク) 第二部 ~島々清しゃ~(八重山舞踊) 第三部 ~先島ぬ結舞~(八重山・宮古の芸能) 八重山の暮らしの中から生まれた唄や踊りを、舞踊を通してわかりやすく紹介します。やふぁやふぁと吹く風にのせ、宮古・八重山(先島

勤王流八重山舞踊有志の会

2019.12.8(日)

勤王流八重山舞踊有志の会

移動かりゆし芸能公演 八重山舞踊

公演名:「八重山 踊る」 「八重山舞踊勤王流祥吉華慶の会」「八重山舞踊勤王流祥吉ちどり之会」「勤王流八重山舞踊(無錆之会)」勤王流の舞踊に取り組む3会派を統一した組織で公演を行う新たな取り組みです。

女流組踊研究会めばな

2019.12.20(金)

女流組踊研究会めばな

国立劇場おきなわ公演 組踊

公演名: 組踊が2倍楽しくなる鑑賞教室Vol.5 組踊回遊 待望の再演‼組踊×プロジェクションマッピング。古典芸能とテクノロジーの融合。組踊上演300周年。初めて鑑賞する方も、組踊を愛して止まない方も、めくるめく組踊の世界をお楽しみください。 裏面はコチラ▼

女流組踊研究会めばな

2019.12.22(日)

女流組踊研究会めばな

移動かりゆし芸能公演 組踊

公演名:「組踊が2倍楽しくなる鑑賞教室Vol.5 組踊回遊」 待望の再演‼組踊×プロジェクションマッピング。古典芸能とテクノロジーの融合。組踊上演300周年。初めて鑑賞する方も、組踊を愛して止まない方もめくるめく組踊の世界をお楽しみください。 チラシ裏面はコチラ▼

あしび芸能座

2019.12.26(木)

あしび芸能座

移動かりゆし芸能公演 沖縄芝居

公演名:「あしび芸能座久米島公演」 忙しい年の瀬のひと時を沖縄の芸能でウタイノーシ(お疲れさん慰労会)して頂きます。名女優 瀬名波孝子と共に舞踊劇、雑踊、沖縄芝居の盛り沢山のプログラムをお楽しみください。 チラシはこちら▽

劇団綾船

2020.01.10(金)

劇団綾船

国立劇場おきなわ公演 沖縄芝居

公演名:冬の夜雨 玉城貞子の民謡「冬の夜雨」を題材に沖縄芝居の重鎮、平良進が悲恋歌劇として書き上げた、渾身の作品をお届けします。

琉球音会 藝寿

2020.01.11(土)

琉球音会 藝寿

子ども×伝統芸能公演 組踊

公演名:謡花・舞華(うたいばな・もういばな) 第2回子ども組踊公演を開催。立方は、小・中学生が頑張ります。また、若手の人材育成を目的に裾野を広げる活動元年とし今後につなげていきたいです。どうぞ応援ご指導よろしくお願いします。 ※会場情報はこちら

宮城本流鳳乃會

2020.01.17(金)

宮城本流鳳乃會

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

公演名:新春に織りなす舞模様 格調高い古典舞踊を華麗に舞、雑踊、組踊抜粋、創作舞踊、琉球舞踊のすばらしさをお届けする演目構成です。

玉城流琉花の会

2020.01.31(金)

玉城流琉花の会

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

公演名:今宵、琉球の花咲く 「伝えたい次世代へ 思いを込めたおもてなしの舞」これから伸びゆく若手を中心にプログラムを構成しています。 裏面はコチラ▼

玉城流扇寿妙の会

2020.02.01(土)

玉城流扇寿妙の会

移動かりゆし芸能公演 琉球舞踊

公演名:妙舞~みょうぶ~ 今回は古典舞踊を基本に、雑踊りや創作舞踊を織り交ぜながら、琉球舞踊をより深く、より楽しんでもらえる舞台を目指し、心を込めて踊ります。 裏面はコチラ▼

南上原組踊保存会

2020.2.2(日)

南上原組踊保存会

子ども×伝統芸能公演 組踊

公演名:創作組踊「糸蒲の縁」 琉球舞踊・組踊を楽しく、心を込めて子ども達が演じます。解説・字幕付きで親子で楽しめる内容になっています。

道扇流藤代乃会 藤戸絹代琉舞道場

2020.02.21(金)

道扇流藤代乃会 藤戸絹代琉舞道場

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

公演名:麗月に舞う ~揃て舞ぅら(するてぃもうら)~ 琉球舞踊を初めて鑑賞するお客様に対しても、親しみやすい演目を中心にして古典舞踊、二才踊り、雑踊り、創作舞踊を織り交ぜたプログラムでお届けします。

沖縄県無形文化財 琉球歌劇保存会

2020.2.22(土)

沖縄県無形文化財 琉球歌劇保存会

移動かりゆし芸能公演 沖縄芝居

公演名:琉球歌劇保存会30周年記念「琉球歌劇まつり」つなげたい"技としまくとぅば" 沖縄の宝「しまくとぅば」の魅力あふれる「琉球歌劇」沖縄版オペラ☆おじいもおばあも子供も姉さんもみんな笑って!愛される喜歌劇「馬山川」。 「一生に一度。死ぬほど愛せる人と出会えたら」名作四代歌劇より「泊阿嘉」来世では一

【中止】玉城流國瑞会 國吉次子琉舞研究所

2020.02.29(土)

【中止】玉城流國瑞会 國吉次子琉舞研究所

子ども×伝統芸能公演 琉球舞踊

公演名:舞姫桜 うどい 沖縄独特の歌三線に乗せて舞います。子どもと言えど、大人顔負けの「舞姫桜」琉舞の世界をお届けします。 ※公演中止のお知らせ※(2020年2月25日) 新型コロナウイルスの流行に伴い、感染の拡大防止という観点から中止を決定いたしました。 公演を楽しみにしていただいていた皆様には

輝け青春

8月下旬(予定)

輝け青春

子ども×伝統芸能公演 沖縄芝居

団体名:劇団花道 某高校の女子空手部は沖縄大会でも優勝候補に上がる実力校である。ある時部員は、不良っぽい男子高校生徒に喧嘩を売られた。部員に負けた不良達との間に友情が芽生え、だんだんと学業に励む。

【中止】組踊『花売の縁』

2020.9.18(金)

【中止】組踊『花売の縁』

国立劇場おきなわ公演 組踊

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止となりました。 団体名:NPO法人 尋藝能塾 高宮城親雲上作による、貧しさ故に妻と幼子を養う為に遠く出稼ぎに行った父を探す母子を描いた組踊。 終戦直後の捕虜収容所で上演され、戦争で家族と離別を体験した多くの人々に生きる希望と感動を与えた。

狂女の舞

2020.10.9(金)

狂女の舞

国立劇場おきなわ公演 沖縄芝居

団体名:那覇市文化協会 演劇部会 新進気鋭の実演家による意欲的な舞台公演です。伝統の継承と創作への挑戦の世界をお届けします。

【中止】真境名本流教師会発足記念公演『継ぎ繋ぐ』

2020.10.23(金)

【中止】真境名本流教師会発足記念公演『継ぎ繋ぐ』

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止となりました。団体名:琉球舞踊真境名本流教師会 「糸満乙女」「渡んじゃー舟」「いちゅび小」初代・真境名由康師、二代目・由苗師にる古きよき沖縄の匂い香る創作舞踊と令和の時代に生まれる創作舞踊。 継ぎ、繋いでゆく真境名本流の芸をお届けします。

【中止】中秋に唱える

2020.10.30(金)

【中止】中秋に唱える

国立劇場おきなわ公演 組踊

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止となりました 団体名:糸満市南山組踊保存会 高平良御鎖は、馬の遺恨で大謝名比屋を闇討ちにしてしまう。大謝名比屋の遺児である謝名の子はたえず父の仇を打つ機会をねらっているが、出家している弟に協力を求め京太郎に身をやつし、見事父の仇を討つ。

【期間限定配信】沖縄タイムスこども芸能祭40周年プロジェクト

2020.8.25(月)~10.31(土)

【期間限定配信】沖縄タイムスこども芸能祭40周年プロジェクト

子ども×伝統芸能公演 琉球舞踊

"今は舞台で逢えないけどお稽古頑張ってるよ"動画で一緒に踊ろうね! 団体名:沖縄タイムスこども芸能祭実行委員会 39年間、大切に続けてきた「沖縄タイムスこども芸能祭」この状況下に40周年を迎えます。 だからこそ「私達が今できる事、今しかできない事」伝統芸能を一生懸命継承していく子どもたちの夢と希望

渡地物語

10月頃(予定)

渡地物語

移動かりゆし芸能公演 沖縄芝居

団体名:一般社団法人沖縄俳優協会 首里での年季奉公を終えた久米島の青年カマダーは、渡地の船宿で酒に酔った遊女チル―と出会い、恋に落ちます。結婚の約束をしてカマダ―は久米島へ戻りますが...ふたりの恋の行方は?

【延期】今帰仁村特別公演『中城情話』

【延期】2020.11.1(日)

【延期】今帰仁村特別公演『中城情話』

移動かりゆし芸能公演 沖縄芝居

2020/10/9 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、延期となりました。詳細が決まり次第お知らせします 団体名:劇団綾船 幕開き太鼓から、前舞踊・狂言「元ぬ若さ」・本芝居「中城情話」と、沖縄芝居隆盛期の贅沢なプログラム構成でお楽しみいただきます。笑って泣いて沖縄芝居の醍醐味をお楽しみ下さい。

勤王流八重山舞踊『灯々無尽』

2020.11.6(金)

勤王流八重山舞踊『灯々無尽』

国立劇場おきなわ公演 八重山舞踊

団体名:勤王流八重山舞踊保存会「無錆之会」川井民枝舞踊道場 勤王流に古くから伝わる、舞踊の手(二十二の手型)や琉球古典舞踊と八重山舞踊の比較、近年の創作舞踊もお楽しみ下さい。

沖縄新喜劇『走れ!トートーメー』

2020.11.20(金)

沖縄新喜劇『走れ!トートーメー』

国立劇場おきなわ公演 沖縄芝居

団体名:沖縄芝居「演」 沖縄芝居を通して沖縄の心、文化を後世に伝えたい!繋がる生命の営みを!

どぅなんかなさ

2020.11.21(土)

どぅなんかなさ

移動かりゆし芸能公演 沖縄民俗芸能

団体名:在沖縄与那国郷友会 これまで与那国の先生方から教えていただいた与那国の芸能を、皆さんの前で披露いたします。親島のみなさんと、郷友会が今後とも手を携え、共に子供たちを育てていけますように、交流の機会にさせて頂きたいと思います。

【中止】~伝統に翔く~

2020.11.27(金)

【中止】~伝統に翔く~

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止となりました団体名:琉球舞踊 真踊流 真踊流真境名佳子家元の作品「本花風」「美童ナークニー」「銭鳴りひゃー」を初め、古典女踊、二才踊、若衆踊のほか華やぎそして賑わいを添える演目などを取り入れ、琉球舞踊の世界を存分に楽しんでいただく構成になっています。

【動画配信】舞を結い 舞を飾る『結の彩』

2020.10.15(木)~2020.11.30(月)

【動画配信】舞を結い 舞を飾る『結の彩』

子ども×伝統芸能公演 琉球舞踊

2020/10/2 延期となった本公演ですが、無観客で公演を行い、後日動画配信することとなりました。詳細は下記をご覧ください。 2020/9/16 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、延期となりました。 団体名:知念範紺琉装文化学院 沖縄の風土に合わせて発展、継承されてきた「琉装」。それには先

【動画配信】ワクワクドキドキ沖縄芝居

2020.10.28(水)~11.30(月)

【動画配信】ワクワクドキドキ沖縄芝居

子ども×伝統芸能公演 沖縄芝居

団体名:劇団群星 今回コロナの影響で初の試みとなる配信公演を行います。普段沖縄芝居を見る機会の少ない施設の子ども達と相互配信したり、出演する小学生や若手の方々に沖縄の伝統芸能である芝居を教え、継承と発展につとめます。

風とともに

2020.12.4(金)

風とともに

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

団体名:島袋流千尋会島袋流千尋会の持ち味である創作舞踊を取り入れ、豊富な演目に、若手・中堅・ベテランのメンバーが出演します。

【中止】組踊『執心鐘入』

2020.12.11(金)

【中止】組踊『執心鐘入』

国立劇場おきなわ公演 組踊

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止となりました。団体名:玉城流金城清一組踊会玉城朝薫作の組踊五番の一つで、中城若松と恋が成就しなかった女が激情して鬼に変貌する様子を描いた作品です。自尊心を傷つけられた女心の動きが良く描き出されており、若松や座主、小僧たちの動きも見どころです。

島に生きる

2021.1.15(金)

島に生きる

国立劇場おきなわ公演 琉球舞踊

団体名:玉城流円の會 平良冨士子琉舞道場若手実力派の地謡に乗せて、雑踊から古典舞踊まで親しみやすい演目を中心に、気軽に楽しんでいただけるよう心をこめてつとめます。

U-18子供芸能祭 我逢人

2021.1.30(土)

U-18子供芸能祭 我逢人

子ども×伝統芸能公演 八重山舞踊

団体名:文化センター「我逢人」地謡、立方すべて島の子ども達で行います。八重山の歌・踊りが好きで、三線、舞踊の各教室で日々練習に励む子ども達の生き生きとした姿、意気込みを感じてください。

成果発表会『柳糸』

2021.1.31(日)

成果発表会『柳糸』

子ども×伝統芸能公演 組踊

団体名:真境名本流 真境名律弘組踊会2019年に組踊の初舞台を踏んだ子ども達。舞台への達成感や喜びを実感し、次の舞台を目標に日々のお稽古に取り組んできました。今回、真境名由康から受け継いできた芸に、次世代を担う子ども達が挑戦します。

若手が演ずる歌劇二題

2021.3.12(金)

若手が演ずる歌劇二題

国立劇場おきなわ公演 沖縄芝居

団体名:劇団与座沖縄芝居で長く愛されてきた名作歌劇2題を上演。次代を担う若手とベテランの役者が与座兄弟の芸を継承します。劇団与座が織りなす泣き笑いの舞台をお楽しみください。

子ども達による子ども達のための組踊公演

2021.3.13(土)

子ども達による子ども達のための組踊公演

子ども×伝統芸能公演 組踊

団体名:眞境名由康組踊会故・眞境名由康師は、組踊、演劇、琉球舞踊に通じ、多くのすぐれた創作作品を残したことから「琉球芸能中興の祖」と讃えられています。お子様やお孫さんと組踊と組踊から生まれた舞踊の世界に触れてみませんか!

歌劇の華々 ~いにしえを仰ぐ~

2021.3.14(日)

歌劇の華々 ~いにしえを仰ぐ~

移動かりゆし芸能公演 沖縄芝居

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年9月6日から2021年3月14日へ日程が変更となりました。 団体名:沖縄芝居研究会 人気の高い名作歌劇「伊江島ハンドー小」と、現代歌劇の傑作「貞女と孝子」を同時上演。 古き良き時代を描きながらも、現代に生きる私たちにも普遍的な人の「なさけ」を感じさ